お役立ちコンテンツ

不動産担保ローンとの比較・違い

「不動産担保ローン」は「リバースモーゲージ」と共に、ご自宅や不動産を活用した資金の調達方法として比較されるケースがあります。ですが、両者には大きな違いがありますので、その違いや、お客様のご状況や価値観に照らし合わせて、メリット・デメリットを把握した上で選択することが重要なポイントになります。

まずは、両サービスの概要についてご紹介いたします。

リースバックの概要

上図の通り、リースバックは、ご自宅等の資産を弊社インテリックスにご売却をいただきます。そして、ご相客と同時に賃貸借契約を締結させて頂くことにより、そのまま賃借という形でお住い続けて頂く事が可能なサービスです。

不動産担保ローンの概要

不動産担保ローンは、ご自宅等の不動産資産を担保とし、金融機関等から一括で融資を受け、その後月々元本+利息分を返済していくサービスです。返済が滞る等、返済が難しい状況となった場合には、担保としている不動産を金融機関等が売却し、ローンの返済に充てられます。

次に、もう少し具体的に、両者を比較していきます。

リースバックと不動産担保ローンの共通点・違う所

両者はご自宅等の不動産を活用して資金を調達するという点は勿論のこと、幾つかの共通点があります。
共通点の一つは、ご契約時点に一括で現金を調達できる点が挙げられます。その他、同居人による制約や、推定相続人の同意が不要である点も両者の共通点となります。

両者の最も大きな違いは、リースバックは「売却+賃借」であり、不動産担保ローンは「融資」である点です。リースバックはご自宅等のご資産を売却することで所有権がサービス提供会社に移転します。所有権が移転することで一括で売却代金を受取り、その後はお住いの期間に応じてお家賃をお支払頂くサービスとなります。また、リースバックは協議の結果次第では、再取得をお断りすることもあるため、不動産担保ローンのような融資ではない点でも異なります。 一方で不動産担保ローンは所有権の移転をせずに、ご資産を担保として融資を受けることにあります。ご資産を担保として融資を受け、月々返済していく形です。

不動産担保ローンは提供各社により条件や制約にかなりの幅がある

不動産担保ローンは、銀行等の金融機関や、ノンバンク各社が提供しております。不動産担保ローンと一口に言っても、提供各社により、金利の幅や金利の形態(固定・変動)に違いがあることは勿論ですが、ローンを組むことが可能な年齢上限に制約がある場合や、返済を特定年齢までに完済する必要があるという期限がある場合があります。また、制約の有無や幅によって、ローン金利にも幅があります。

リースバックはご資産の売却時の評価額以外の「必要コスト・諸条件」に要着目

リースバックについても、提供各社によってお客様のご自宅等の資産の売却価格に差異が出る場合が通常です。 また、ご契約時に契約事務手数料、賃貸借開始時に必要となる保証料及び家賃保証料等の必要となるその他の経費にも幅がありますので、一つの要素だけでは判断せずに、総合的に把握した上でご判断頂くことが望ましいものと考えます。

ローンを抱えるか、抱えないか

ご自宅等の資産を活用して生活資金を得て、そのまま住み続けるという仕組みは両者とも同じです。
違いを簡潔に表現しますと、
「ローンを組まない形」→リースバック
「ローンを組む形」→不動産担保ローン
と言えます。お客様のスタイルに合ったサービスをご選択頂ければ幸いです。
※1 弊社独自の見解に基づき作成しております。詳細条件は各サービス提供会社にお問合せください。

インテリックスのリースバックならではの特徴は別途ご紹介させて頂きますが、上記を御参考に、ぜひ安住売却〈あんばい〉をご検討頂けますと幸いです。ご不明な点がございましたら、お気軽に下記までお問合せください。 経験豊富なスタッフがご相談承ります。

リバースモーゲージとの比較・違い

リバースモーゲージと不動産担保ローンとの比較・違い