フラット35とは

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利型住宅ローンです。
長期固定金利の住宅ローンなので、借入時に返済終了までの金利・返済額が確定するため、ライフプランが立てやすくなるというメリットがあります。

主な特徴

フラット35の主な特徴

特徴1 リノベーション前提のマンションチェックポイント

金利の固定によって返済額が決まっておりライフプランが立てやすく、また金利の上昇による利子の増額もありません

特徴2 保証料無料

保証料、繰り上げ返済手数料が無料です。

特徴3 繰り上げ返済手数料無料

住宅金融支援機構において独自の技術基準を定めており、利用の際には、基準に合格したことを証明する「適合証明書」を添付する必要があります。

特徴4 団体信用生命保険への加入が任意

都市銀行等では必須条件の団体信用保険への加入ですが、フラット35では任意となっています。団体信用生命保険へ加入できなくても借入は可能ですので、健康状態が理由で民間銀行でローンが利用できなかった方も利用することができます。

フラット35の主な利用条件

申込者本人の要件
年収 400万円未満 400万円以上
基準 30%以下 35%以下
融資対象となる
住宅の要件
  • 住宅の床面積が以下の住宅
    • 一戸建て住宅、連続建て住宅、重ね建て住宅の場合:70m2以上
    • 共同住宅(マンションなど)の場合:30m2以上
  • 住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合している住宅 【基準の適合にあたっては、検査機関または適合証明技術者(中古住宅のみ)が発行する適合証明書の交付が必要】
  • 敷地面積の要件はありません。
  • 購入価額が1億円以下(消費税を含む)
融資額 100万円以上8,000万円以下で、建設費または購入価額の100%以内
(1万円単位)
融資期間 15~35年(申込人の年齢が60歳以上であれば10年以上)
かつ、完済する年齢が80歳にはとどかないこと
返済方法 元利均等毎月払いまたは元金均等毎月払い ※ 6か月ごとのボーナス払い
(お借入金額の40%以内(1万円単位))も併用できます。
融資金利
  • 全期間固定金利
  • 借入期間(20年以下・21年以上)・融資率(9割以下、9割超)に応じて、借入金利が異なります。
  • 借入金利は、金融機関によって異なります
融資手数料 融資手数料は取扱金融機関によって異なります。
(定額(3~5万円)としている金融機関や定率(融資額×2.1%等)としている
金融機関などがあります。)
保証料・繰上返済
手数料
必要ありません。
※繰上げ返済額は100万円以上(金融機関の窓口で手続きする場合)
団体信用生命保険 機構団体信用生命保険特約制度にご加入いただけます。

フラット35Sとは・・・

フラット35Sとは、さらに、バリアフリーや省エネルギー性などの一定条件を満たした物件で利用できる、当初10年間もしくは5年間金利の引き下げがうけられるもの。

対象物件の条件(中古タイプ・マンション)下記条件のうち、いずれか一つ以上を満たした物件

省エネルギー性 開口部断熱 二重サッシまたは、複層ガラスを使用した住宅
外壁等断熱 建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅 または中古マンションらくらくフラット35のうち、フラット35Sとして登録された住宅
バリアフリー性 段差解消 屋内の段差が解消された住宅
手すり設置 浴室及び階段に手すりが設置された住宅

ご不明な点、利用に当たってのお問合せは、インテリックス住宅販売へお気軽にお問合せください。

学ぶ・調べるTOPに戻る

火災保険

リノベーション事例を見る
相談会に行く
物件を探す