リノベーションマンションとは

リノベーションマンションとは、あらかじめ、中古マンションのマイナス要素である内装設備などの古さを払拭し、現代のライフスタイルにあったリノベーションを施した上で、販売されるマンションのことをいいます。
室内に一歩入れば、まるで新築マンションのよう。(リノベーション済みマンションとも言われます。)
「場所はいいけど古いのがどうも・・」、「リーズナブルな価格で新築みたいに住みたい」、「自分でリノベーションするのは面倒くさい」などといった方にもぴったりです。
中古マンション一番の不安要素である内装設備の古さは、リノベーションによって払拭されていますから、中古マンションの持つメリットと、リノベーションのメリットがあわさった、いいとこ取りの住まいの選択肢と言えます

リノベーションマンションのメリット

たくさんのメリットがあるリノベーションマンション。そのメリットをご紹介します。

メリット1 物件+リノベーション費用が割安!

あらかじめリノベーションがされていますので、一般の中古マンションと比較して若干価格は高くなりますが、事業者がたくさんの住戸をまとめてリノベーションをおこなうため、住宅設備や内装資材の大量発注によるコストメリットがあり、ご自分で物件を購入してリノベーションを行なう場合より、割安になる傾向にありお得です。

メリット2 内装、設備が一新されている!

物件の状況を確認した上で、その物件の条件と、現代のライフスタイルにあったリノベーションがされています。
普段、目に触れない内装の裏側もしっかりと点検されていますから、安心、快適に生活できます。

メリット3 買ってからすぐに入居できる!

物件を購入される場合、さまざまな事情で入居までの時間がないことも多いと思います。
そうした場合も、リノベーションが既にされていますので、入居までに時間がかかることなく、キレイで快適なお部屋に即入居が可能です!

メリット4 内装を見て、確認した上で買うことができる!

通常、新築マンションは竣工前に契約ということが多く、完成した物件を見た上で購入することができません。
リノベーションマンションなら、内装が完成した状態でご覧になれますから、じっくりと確認をした上で購入を検討できるのは大きなメリットです。

メリット5 瑕疵担保保証が2年ついている!

通常、個人間での取引が主である中古マンション売買では、瑕疵担保期間は3ヶ月。
リノベーションマンションは、業者が売主になりますので、瑕疵担保期間は2年になります。

メリット6 アフターサービス保証がついてる!

新築マンションでは当たり前のアフターサービス保証も、個人間取引が中心の中古マンションには付いていません。
リノベーションマンションなら、売主の業者によって、内装・設備箇所にアフターサービス保証がついている物件がありますので、確認して見ましょう。
→インテリックスのリノベーションマンションとは

メリット7 アフターサービス保証がついてる!

一般的にリフォームローンは住宅ローンに比べて金利が高く、住宅ローンとは別に考えなければなりません。
リノベーションマンションなら、リノベーションがされた物件を購入しますので、住宅ローン一本で購入できます。

わたしたちインテリックスグループでは、リノベーションマンションを年間1,000件以上供給しています。豊富なノウハウと徹底した検査体制によるリノベーション、そしてアフターサービス保証がついた、安心で快適なリノベーションマンションをご提供しています!
→インテリックスのリノベーションマンションとは

リノベーションマンションの選び方

ポイント1)表面のきれいさだけではなく、目に見えない工事内容も確認

あらかじめリノベーションされた状態で売られているリノベーション済みマンションは、新築マンションのような仕上がりで、そのきれいさばかりに目が行きがちですが、目に見えない工事の内容をきちんと確認することが重要です。築年数や物件の状況など一つ一つすべてことなる中古マンションは、それぞれで施される工事内容が異なります。給排水管の交換がされているか、壁や天井の下地の交換がされているか、など不動産仲介担当者に確認をしたり、リノベーション内容のわかる書類を取り寄せたりすることで、事前確認が可能です。

ポイント2)現地下見の際に、動作確認など機能性の確認もわすれずに

これは住まい選び共通のポイントですが、実際に住んだときをイメージして、コンセント位置や数の確認やTVジャックの位置の確認。建具の開閉や収納がどのくらいあるかなど、忘れずにチェックしましょう。

ポイント3)アフターサービス保証の有無、内容を確認

消費者の中古マンションへの不安を払拭するために、リノベーションマンションにはアフターサービス保証がついているものが増えています。保証内容や保証範囲はリノベーションの内容や、販売する会社によりさまざまなので注意が必要です。生活する上で必要な重要インフラ箇所(給水配管、給湯配管、排水配管、ガス配管、電気配管、分電盤、情報配管、換気設備、火報設備、床下地、壁下地、天井下地、浴室防水)にきちんと保証がついているかを確認しましょう。リノベーション住宅推進協議会の定める優良なリノベーション住宅基準「R1住宅」では、重要インフラ箇所に二年以上の保証をつけることを定めています。また、重要インフラ箇所以外の設備や建材、仕上げなどの保証内容も、どこまで対象になっているか、期間がどのくらいなのかを確認しましょう。インテリックスのリノベーションマンションは、専有部内すべての部位・設備が保証対象となり、最長10年の保証をおつけしています。新規工事箇所だけでなく、検査の上既存で残した箇所についても保証をお付けしています。

学ぶ・調べるTOPに戻る

インテリックスのリノベーションマンションとは

リノベーション事例を見る
相談会に行く
物件を探す

関連コンテンツ