中古マンションリノベーションの正しい進め方

中古マンションをリノベーションするときに大切なポイントはなんでしょうか?業者選びも大切ですが、ご自身のなかで考えておかなければいけないことがあるのです。それがしっかりしていればきっと失敗しないでリノベーションができるでしょう。
今回はリノベーション前に抑えておきたいこととしてお伝えします。

何を優先して、何を妥協できるのか。
自分の中で優先順位を明確にしておくことが大切

こんなデータがあります。中古マンションを購入してリノベーション、または自宅のリノベーションを検討している人が、何を重視して依頼先を探しているかという調査です。結果は、圧倒的に「リノベーション事例」でした。
やはり、こんなイメージにしたい!こういう部屋に住みたいなど、夢を持ちながらそれに近い事例のある会社に似たようなデザインでお願いしたいということですが、では、いざ依頼をする際にきちんとイメージを伝えられるでしょうか?
ほとんどの方が、なかなか伝えられないのが実際のところです。

それはなぜかというと、部屋の中で優先すべきことと、妥協できることの切り分けができていないからなのです。

イメージしているデザインを“完璧”にではなく
イメージに“近い”デザインを目指す

リノベーション会社と打ち合わせを始めると、想像以上に細かいことを決定しなければいけない場面が多く発生します。
決定していかないとプランも決まらず、工事も始まらず、完成までに時間だけが掛かってしまい、最後は疲れてしまうことも。。
予めこだわりたいポイントと、ここは譲れるかなという妥協できるポイントを決めておきましょう。

たとえば、
フローリングは絶対に無垢がいい。だから壁紙はあまり高食いものじゃなくてもOK。

 扉は自分で見つけてきたアンティーク調のものを取り付けたいけどちょっと値がはるから、お風呂やトイレは安いものでOK。

 キッチンはこだわりたいけど、トイレはそうでもない。

 断熱効果は気になるけど、床暖房か二重サッシか、予算的にどちらかにするなら、二重サッシにします。

などなど、予算との兼ね合いが一番おおきいですが、やりたい事を全部やれる方はほぼいません。むしろ、プランニング中にあれもこれもと希望が増えてくることの方が多いものです。
そんなことも予測して、希望に優先順位をつけておくとスムーズに、納得のいくリノベーションが実現できるはずです。

学ぶ・調べるTOPに戻る

タイプ別にみる事例集

リノベーション事例を見る
相談会に行く
物件を探す

関連コンテンツ