インテリックスリノベーションレポート vol.7

アンケート編⑦ アンケート編⑦

中古マンションに高品質な内装を施し、アフターサービス保証を付帯したリノベーションマンション《リノヴェックスマンション》を販売するインテリックスが、不動産・リノベーションに関連する様々な情報をお届けするレポートです。
今回は、新築・中古・リノベーションマンションなど、広がる住まいの選択肢について解説する購入How to編の第1回目です。

築20年以上の中古物件がねらい目!

[表1]は、首都圏における新築と築年別中古マンションの平均価格を示すグラフです。この10年間の動きを見ても、築年を追うごとに価格が下落し続け、築10年~20年で新築価格の約半値になることが分かります。また、築20年以降は、価格の下落は緩やかになり、比較的資産価値が下がりづらく、安定していると言えます。

[表1] 首都圏マンション 築年別物件平均価格

[表1] 首都圏マンション 築年別物件平均価格

選択肢により異なるメリット・デメリット

「新築マンション」、「中古マンション」、リノベーション済みで販売されている「リノベーションマンション」、中古マンションを購入しリノベーションを行う「中古マンション+リノベーション」の、4種類の住まいの選択肢を比較しました。

[表2] 住まいの選択肢 比較表

[表2] 住まいの選択肢 比較表

(※1)物件により実施可能な工事範囲は異なる。
(※2)一般社団法人リノベーション住宅推進協議会が定めるリノベーションの統一基準に則って、リノベーションを施した「適合リノベーションR1住宅(区分所有マンション専有部)」。

それぞれの特徴をまとめてみると、
新築マンションは、価格が高くエリアが限定されますが、最新の快適さを重視される方に。
中古マンションは、設備・内装は古いですが、コストや居住エリアを妥協したくない方に。
リノベーションマンションは、中古でありながら、新築同様の部屋にすぐに入居することができ、価格も手頃なので、全ての要素において満足したい方に。
中古マンション+リノベーションは、手間や時間はかかりますが、自分のこだわり・オリジナリティを反映した家づくりをしたい方に向いていると言えます。
それぞれの選択肢のメリット、デメリットを把握することが、自分にあった住まい選びを成功させる秘訣です。

新築・中古だけでなく、リノベーションにより住まいの選択肢は拡がり、住まい手のこだわりや二ーズにあわせて選べる時代に。

お気軽にお問い合わせください
お電話でのお問い合わせ

リノベーションに関するお問い合わせ

リノベーションに関するお問い合わせ
  • 受付時間 10:00〜18:00
  • 定休日 水曜

中古マンション購入に関するお問い合わせ

中古マンション購入に関するお問い合わせ
  • 受付時間 9:30〜18:30
  • 定休日 水曜

マンション売却に関するお問い合わせ

マンション売却に関するお問い合わせ
  • 受付時間 9:30〜19:00
  • 定休日 水曜

アセットシェアリングに関するお問い合わせ

アセットシェアリングに関するお問い合わせ
  • 受付時間 10:00〜18:00
  • 定休日 土曜・日曜

メールフォームでのお問い合わせ