不動産の媒介

媒介契約は不動産売却時の重要ポイント!

売却を考えた時に、最初に遭遇する専門用語の代表が、媒介ではないでしょうか。
不動産の売買を行う時、あるいは貸借を行う時に、お客様と不動産仲介業者の間で交わす契約を媒介契約と呼びます。
「媒介」は、「仲介」と同じ意味ですが、正式な書面上では媒介という表現が用いられます。
不動産を購入する時にも媒介という言葉は登場しますが、売却時にはいっそう重要になります。

大きく分けて媒介は2種類

媒介は「専任」と呼ばれる「専属専任媒介」「専任媒介」と「一般」と呼ばれる「一般媒介」に分けて考えられます。
それでは、それぞれの特徴について言及してみたいと思います。

媒介契約制度の違い

専任媒介とは

実際に不動産を売りに出すと、販売開始時や価格改定時などには、多数の内覧希望がある場合があります。
売却希望のお客様にとって、大勢の購入検討者が訪れてくれることは非常にありがたいことですが、購入するお客様側は現物を見ないで購入に至ることはまずありません。
購入を真剣に検討しだすと、2度、3度と内覧を希望するお客様も少なくありません。
専任の場合、窓口は専任契約をした仲介会社一社になりますので、売主仲介が内覧スケジュールの調整を行ってくれます。
逆に一般媒介の場合は、一般媒介契約した仲介業者全てが窓口になり、複数の窓口からの内覧依頼を、お客様自身が調整・管理しなければなりません。
平日も各仲介業者と連絡を取り続ける必要があり(仲介業者は一刻も早くお知らせしようとしているだけなのですが…)、実際に経験してみると想像以上に負担となります。

専任媒介は一社独占=競争原理が働かないのでは?と感じるかもしれませんが実際は全く逆です。
専任契約を交わすと、お客様への報告義務が発生しますので、仲介業者は責任を持って売却活動を行います。
適正物件価格を算出し、適正なお客様に紹介できる販売チャンネルを用意でき、本当に責任を持って売却活動を行ってくれる仲介業者に依頼したいものです。

一般媒介とは

複数の仲介業者に販売活動を依頼できることが、一般媒介契約の特徴と言えます。
インターネットが普及する以前は、折込広告や住宅情報誌への物件掲載が販売活動の中心だったため、より多くのお客様の目にとまるようにするには、多数の仲介業者さんに販売活動をお願いする必要がありました。
インターネットの普及により、専任媒介でも多くのお客様の目にとまるようになっていますので、そのメリットは以前と比べて薄れています。

独自のお客様を多く抱えている仲介業者の場合は、コストをかけずに多くのお客様に紹介できる可能性がありますので、様々なタイプの仲介業者を組み合わせることも一つの選択と言えます。

また、レインズの登録義務がないことも特徴的です。 不動産仲介業者はレインズ(REINS)というオンラインシステムで物件情報を共有しています。
専任の場合はREINSに掲載義務があるので、全ての仲介業者が物件情報に接することができます。

インテリックス住宅販売にご相談ください。

私たちインテリックス住宅販売は、経験豊富なスタッフが販売活動を行います。
弊社ホームページへの掲載はもちろん、多くの会員様で構成される会員組織「インテリックスCLUB」、各種ポータルサイトへの出稿、新聞折込等、多彩な販売活動でお客様の不動産売却をお手伝いさせていただきます。
思い通り売却できない場合は、グループ会社のインテリックスによる買取りも行っていますので、是非私たちにご連絡ください。

売却に関するお電話でのお問い合わせは

0120-66-3705

学ぶ・調べるTOPに戻る

任意売却