任意売却

せっかくローンを組んで手に入れたマンションを手放さなければならなくなった時も、私たちはお客様の力になりたいと考えています

債務整理は「競売」と「任意売却」

競売は、債権者が申し立てて、裁判所が強制的に不動産を売却します。

住宅ローン返済が滞ると、担保権をもつ債権者(主に金融機関)は不動産を売却する裁判手続きに入ります。これを競売(けいばい)と呼びます。
債権者は不動産を売却することで、債務をできるだけ回収しようとしますが、裁判所と聞いて想像されるように、長期に及ぶことがあります。
もちろん債務者(所有者)の都合は考慮されません。

生活再生の方法として任意売却あります。

任意売却とは、住宅ローン返済が困難になった時に、債権者・債務者の話し合いで不動産を売却する方法です。

任意売却は競売よりも多くのメリットがあります。

相場価格に近い適正価格で売却できる。

一般的には競売より高く売却されますので、その後の債務はより少なくなります。

売却までの期間が短い

競売は司法機関が動きます。
競売開始決定から開札日まで、順調でも約半年かかります。

売却価格が事前にわかる

競売の場合は落札価格は開札日にならないと判りません。 もちろん市場価格より低い価格になることもあります。

交渉によりますが、転居時期等もある程度融通が効きます。
(競売の場合は所有者の都合は一切考慮されませんので、自由になりません。)

どうしてもお持ちの不動産を手放さなければならなくなったら、私たちにご相談ください。
煩わしい任意売却手続きのお手伝いを致します。

売却に関するお電話でのお問い合わせは

0120-66-3705

学ぶ・調べるTOPに戻る