ワクワクできる家を目指して自宅をリノベーション。家族が集うキッチンを家の中心に。

東京都板橋区 I様

物件概要

家族構成
ファミリー
築年数
14年
間取り
2LDK→3LDK+S
専有面積
約66㎡
工事費総額
約1600万円
間取り図
zoom

インテリックスのリノベーション相談会では、
・ローン、費用に関すること
・プランのご提案物件のご紹介
・実際のリノベーションした部屋を見て触り体験できます

相談会の詳細を見てみる

「施工会社はコストと事例写真で選びがちですが、担当者とのコミュニケーションが大切なポイントだと実感しました」と振り返るI様。
家のあちこちが傷み始め、収納スペースが足りなくなってきたことから、15年ほど暮らしたお部屋をリノベーションすることに。
雑誌を購入し、事例が好みだった数社に相談に行ったが、ほどよい距離感を保ちながら要望を聞いてくれた担当者を気に入り、インテリックス空間設計でリノベーションをすることにした。

家の中央に位置するキッチンは妥協なし

どうせフルリノベーションをするなら設備を新しくする程度では面白くない。もっとワクワクする家にしたいと思い、間取りをガラリと変える方向で検討したというI様。
「キッチンの位置は、マンションの構造上変えられない柱と配管の関係で二転三転しました。でも以前と同じ場所ではつまらないので、建築士さんに可能な位置を検討してもらい、このオープンキッチンになりました」
普段からリビングダイニングで過ごすことが多いというI様ご一家。家の中心にキッチンを据えることで、みんなが笑顔でキッチンを囲む家となった。
キッチンは一番目立つので水栓ひとつにもカッコよさをこだわり抜いた。
「ここで節約をして後悔したくなかったので、好みのデザインで選んでいきました。食洗機は、たくさんの食器が入る海外メーカーのものを入れました。
照明器具は見えないように吊戸棚を少し前に出してもらい、タイルに当たるようにしてもらいました」
白いタイルを優しく照らすカップボードの間接照明が、空間をおしゃれに演出している。

広々とした玄関にはサブ洗面台を設置

家の顔である玄関は「とにかく広く。本当は土間にしたいくらいでした」と旦那様。
スケルトンにしてみると天井が高くできることが分かり、さらに開放感がでた玄関ホールは、家全体の印象も広く心地よく感じさせている。
家族全員の靴やスーツケースなどを置いてもスペースが十分確保され、大きな荷物が届いてもスムーズになったそうだ。

そして来客がすぐに手を洗えるよう、玄関ホールに洗面台を設けた。
「家族用の洗面所は脱衣所も兼ねています。プライベートな空間にお客様が入らずに手洗いが済ませられるよう、玄関にも洗面台が欲しいと思っていました。ご時世を考慮してペーパータオルホルダーを設置しましたが想像以上に使い勝手が良くて、とても気に入っています」と奥様。

朝の渋滞解消で、子供たちの喧嘩も解消

朝の洗面所での渋滞が子供たちの喧嘩の原因になっていたので、並んで支度ができるように洗面台を広くした。玄関ホールにも洗面台があるので、リノベーションを機に朝の喧嘩はなくなったという。
モルタル風のスタイリッシュなデザインは、旦那様のこだわり。
「本当は天井を躯体現しにしたかったのですが、家を北欧風にしたいという女性陣に反対されてしまいました。このモルタル風の洗面台は、コンクリートの雰囲気を出したかった僕の魂です」と笑顔で力強く語った。

白とグレーをベースに、ポイントとなるクロスに遊びを

「北欧風にしたい」と考えていた奥様。色をたくさん使うとコーディネートが難しくなると思い、木の風合いを大切にしながら全体を白とグレーでまとめた。
グレーの色みにもこだわり、パントリーへのアーチはリビングドアに合わせて塗装。ひとつの空間として、自然なつながりを感じさせる。
「リノベした!という感じが欲しかったので、パントリーやクローゼットのクロスは遊んでみました。かなり悩んで選んだタイルも、とても気に入っています」と微笑む奥様。
特にパントリーの黄色いクロスは、北欧風の柄がかわいらしい。

お嬢様の個室は、ご自身で選んだ少しラメのあるブルーグレーのクロスで仕上げた。
「引き戸を開け閉めしたらどんな風に見えるかまでアドバイスをもらい、水色と白のクロスを貼る範囲を決めました。自分で決めることができて気に入っています」と、嬉しそうな表情を見せてくれた。

どう暮らすかまで考えたから快適度は満点

「同じマンションに住む友達が、こんな風に部屋を変えられるんだと驚いてくれます」と、仕上がりに満足そうなI様。
ご自身で好みの設備のメーカーを選ばれたり、アイアンバーの高さを丁寧に調整されたりと、細部にもこだわりを貫いた。
「インテリックス空間設計では初めて扱うという製品にも柔軟に対応してくれました。また、テレビを掛ける位置を決める時は、椅子に座って見るか床に座って見るかまで聞いてくれ、私たちの暮らしに寄り添った対応をしてくれました」
部屋のデザインだけではなく、暮らし方まで考慮されているので、毎日が快適に過ごせているという。

親身なコミュニケーションで要望通りに

初めてのリノベーションなので、どれは無理なことなのか、どこまでは普通の要望なのかといった境界がわからず、最初は恐る恐る希望を挙げていったとか。
結果、間取りはガラリと変わったうえに細かい要望も取り入れられ、毎日ワクワクする家に仕上がったと話す。
「たくさんの要望に親身に対応し上手くまとめてくれて、思った通りの形になりました。建築士さんや担当者さんは全体を見ながら、できることはすぐに取り入れ、できないことはできないとハッキリ言ってくれました。それも私たちには合っていたと思います。またリノベーションをするならインテリックス空間設計に頼みたいです」と嬉しい言葉。
取材の最後にも、「今回の自宅紹介で、こんなにキレイになったという感動を伝えたいんです!」と、思いがあふれて止まらない様子だった。

2万件のリノベーション実績によるプランニングやデザインアイデアが詰まったスタイルブックなど全て無料でプレゼントします!

無料でプレゼントする資料です。
資料請求する(無料)


リノベーションに欠かせない3つの体験をこの場所で。Aoyama Renovation Studio
セミナー・相談会情報を見る

お電話でのお問合せ

0120-55-3927

水・日・祝定休 10:00~18:00