大胆な間取り変更と白で統一した内装で、現代的な広々と明るい空間へ一新

神奈川県横浜市 W様

物件概要

家族構成
夫婦
築年数
52年
間取り
3DK→1LDK+S
専有面積
約59㎡
工事費総額
約1070万円
間取り図
zoom

インテリックスのリノベーション相談会では、
・ローン、費用に関すること
・プランのご提案物件のご紹介
・実際のリノベーションした部屋を見て触り体験できます

相談会の詳細を見てみる

長年暮らしてきたマンションの真下の部屋を購入してリノベーションされたW様ご夫婦。

「今後20年は快適に住み続けられる部屋にしたいと思いました。築52年経つので、配管などのインフラ部分の更新が必要だと考えていました」

 

今回のリノベーションのきっかけとなったのは、『「中古マンション×最小寸法」でかなえる 最高のリノベーション』(幻冬舎・滝川智庸著)を書店で手に取ったこと。リノベーションという言葉はこの本で知ったというが、やりたいと思っていたことが書いてあり、「これだ!」と思ったのだとか。

「すぐに連絡して、相談しました。現状からこう変えたいという希望を3枚ほどにまとめて、お見せして…」と旦那様はいう。

 

 

 間取りを大きく変えた図面にビックリ

仕事柄、相見積を取るのが習慣になっているという旦那様は、以前からお付き合いのあった会社を含め、計3社に見積もりを依頼したそう。

「インテリックス空間設計だけが、希望の配管の新規交換を含め、間仕切り壁をなくして大幅に間取りを変更した提案をしてくれたんです。最初に図面を見たとき驚きましたが、迷わずお願いすることにしました」

団地の鉄筋コンクリートの壁は、撤去できない場所も多く制約がある。襖を取りたいという位は考えていたが、壁を撤去して広々とした空間にするという考えまでは及ばなかったという。そこから話し合いを重ねて、図面をアップデートしていかれたそうだ。

 

 

南側を生活の中心とし、断熱材で暖かく

何より大きな変化は、南側を生活の中心にしたことだという旦那様。

「もともと台所が北側にあったので、自然とリビングダイニングがそちらになり、北側で主に生活していたんです。最初に相談に行ったとき、『南側で生活しましょう。暖かいほうで暮らすべきですよ』と言ってくださって」

さらに壁に断熱材を入れたことで、寒い日でも冷え込むことがなく、暖かく過ごせるようになったという。

 

 

暖かな日差しの入る広い空間に

天井や壁、収納などはシンプルな白を使い、フローリングや家具などで木の温もりが感じられるナチュラルな空間デザイン。

「明るく、白を基調とした内装がいいなと思いました」という奥様。

20年ほど前にリフォームを経験していたので「次にするときはこうしよう」と夫婦で話していた希望もあり、娘さんのマンションも参考にしたという。

洋室の壁を取り、広々とした空間に生まれ変わったリビングダイニング。やわらかな日差しがたっぷり入り明るい印象だ。畳スペースでは、夫婦でくつろいだり、旦那様が読書を楽しんだりしているという。

 

 

居室もキッチンも収納スペースが充実

奥様の第一希望はキッチンの使い勝手を良くすることと、収納を充実させること。

「キッチン背面に大容量のカップボードをつくったので、食器や調理器具などがすぐしまえて楽になりました。リビングとキッチン、ウォークスルークローゼットを、ぐるっと一周できる家事動線も、とてもスムーズなので気に入っています」

リビングの両側には壁面収納を設けた。

「家具をあまり置かなくてもいいように、収納スペースをたくさん造りました。物が見えないように、きちんとしまえます」と奥様は微笑みながら話してくれた。

 

 

ストレスもなくなり、機能性もアップ

水回りもリニューアルし、気持ちがいいという。

ユニットバスやトイレ、洗面室はすべて清潔感あふれる白で統一。洗濯機の置き場と位置を入れ替えた洗面台は収納も増えて広くなった。

 

部屋の扉を全て引き戸にしたことも良かったという。

「トイレを始め、扉は全て引き戸にしました。今までは開き戸だったので、開けるとぶつかりそうなこともありましたが、そんなストレスもなくなりました」

 

 

築年数が経過したマンションも安心して住み続けられる

まさかここまで間取りが大きく変わるとは思っていなかったそうだが、空間を広く使えるようになり快適だという。

「滝川さんの書かれた本に出合わなければ、まさか、こんな風に間取りも変わるとは想像していませんでした。希望していた配管交換もできましたし、空間が広く、快適に過ごせるようになりました。遊びに来てくれた友人もびっくりしています」

 

築年数の経過した物件でも安心して住み続けられる部屋になるのでリノベーションはお勧めだというW様。

「配管の工事をするには、必然的にスケルトン状態になります。そうすると、配管が新しくなるうえに、壁も改めて作るので、今の暮らしに合わせた間取りが造れるのも魅力です。

きちんとした検査基準もありましたし、アフターサービスや保証も付いているで、これから数十年安心して住み続けられる住まいになりました」と満足そうに語ってくれた。

2万件のリノベーション実績によるプランニングやデザインアイデアが詰まったスタイルブックなど全て無料でプレゼントします!

無料でプレゼントする資料です。
資料請求する(無料)


リノベーションに欠かせない3つの体験をこの場所で。Aoyama Renovation Studio
セミナー・相談会情報を見る

お電話でのお問合せ

0120-55-3927

水・日・祝定休 10:00~18:00