生活リズムが異なる二人の、気遣いに満ちた間取り。片付け上手になれる工夫も光る。

東京都世田谷区 K様

物件概要

家族構成
夫婦
築年数
23年
間取り
3LDK→1LDK
専有面積
約63㎡
工事費総額
約740万円
間取り図
zoom

インテリックスのリノベーション相談会では、
・ローン、費用に関すること
・プランのご提案物件のご紹介
・実際のリノベーションした部屋を見て触り体験できます

相談会の詳細を見てみる

「大好きなリフォーム番組を見ながら、間取りを変えれば暮らしも変わると以前から感じていました」
ご夫婦そろってインドア派。家で過ごす時間を大切にしたいからこそ、自分たちの生活動線に合った間取りをと考えていた。
「実例が好みだった数社に相談に行きました。その中でインテリックス空間設計は、自分たちでは思いもつかない発想で希望に沿った案を何パターンも提示してくれたので、これは!と気持ちが高ぶりました」

壁を設けず、夫婦がいつも一緒にいられる空間に

キッチンからワークスペースまで見渡せる広々としたリビングダイニング。大きな窓には天井からカーテンがかけられている。
「閉めると壁一面がカーテンになるこのスタイルを、青山のショールームで見て気に入りました」
もともとここは洋室と和室に分かれていたため、2枚の窓のサイズは微妙に異なるがまったく気にならない。それどころか空間をより広く感じさせるのに、カーテンがひと役買っている。
毎日忙しく、家で仕事をすることも多いというお二人。ワークスペースに壁を設けなかった理由を尋ねると、
「二人の生活リズムが違うので、家にいられる時間はできるだけ同じ空間で過ごしたいと思って」と微笑んだ。

向かい合って料理が楽しめるアイランドキッチン

日当たりの良いアイランドキッチンには、夫婦二人で立つことも。そのためもう少し大きなタイプにしたかったが、スペースの都合で叶わなかった。しかし、
「キッチン側とダイニング側、双方から向かい合って調理ができるのはアイランドタイプだから」と、不便はない様子。
出窓のカウンターにもコンセントを設け、湯沸かしなどの軽作業に使えるよう工夫した。
背面の棚の奥行きは、置く物と使いやすさを考えて少しずつ変えてある。
「収納はどれも、扱いやすいリーチを考えて奥行きを計算しました。今まで片付けが苦手だと思い込んでいましたが、収納の使い勝手が良くなった今はすっかり片付け上手です」と、奥様の笑顔が輝いた。

居住空間をスッキリさせるランドリールーム

キッチン脇の扉を開くと、そこはドラム式洗濯乾燥機と除湿機が置かれたランドリールーム。
「部屋干しをしたいけれどリビングには干したくないし、除湿機を置いて洗面室を狭くしたくもない。その思いから、ランドリールームを作ろうと閃きました。
設計士さんは少し驚いたようでしたが、私たちのアイディアを否定することなく、さらに膨らませて形にしてくれました」と奥様。
設計士の柔軟な対応に、自分たちの暮らしにちょうどいいサイズや仕様を考えて、こちらからもどんどん提案しよう!と、仲間意識を持つことができたそう。

動線ひとつで片付けが驚くほどスムーズに

お二人の生活リズムが異なるので、どちらかが寝ている時に音を立てないよう、クローゼットと寝室は離すことを決めていた。
「収納を広く取りたかったので、まずそれが叶ったのが何よりでした。
そして暮らしてみると、ランドリールームの隣にウォークインクローゼットがあることの便利さを実感。乾いた洗濯物をリビングや寝室に広げることが一切なくなり、手早く片付けられるようになりました」
これまでは洗濯物をついソファに広げることも多かったというK様。今はクローゼットがすぐ横にあるので、リビングはいつでもキレイに片付いているという。

ニーズに応えるプラスαの提案に大満足

「こんなにも満足できる家になるとは思わなかった」と声をそろえるご夫妻。
設計士が気さくなことも手伝い、やりたいことや予算について、遠慮することなくすべて伝えることができたとか。
「こちらのニーズに対してプラスαのアイディアや、たくさんの解決策を見せてくれるので、今日はどんな提案をしてくれるのだろうと打ち合わせが毎回楽しみでした」と振り返る。
使い勝手のいい生活動線とこだわりのインテリア、そして夫婦で過ごす時間を大切にした。
「家について話すと、インテリックス空間設計にして良かったねという言葉がよく出てきちゃいます」と、最後に笑顔で付け加えてくれた。

2万件のリノベーション実績によるプランニングやデザインアイデアが詰まったスタイルブックなど全て無料でプレゼントします!

無料でプレゼントする資料です。
資料請求する(無料)


リノベーションに欠かせない3つの体験をこの場所で。Aoyama Renovation Studio
セミナー・相談会情報を見る

お電話でのお問合せ

0120-55-3927

水・日・祝定休 10:00~18:00