経営方針

トップメッセージ

 平素より格別のご支援を賜り、深く御礼申し上げます。ここに2018年5月期第2四半期の営業概況をご報告申し上げます。

 当第2四半期(2017年6月~11月)での首都圏の中古マンション市場における成約戸数は、公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)によりますと、前年同期と同水準(前年同期比0.1%増)で推移し、平均成約価格は、平成25年1月から平成29年11月まで59ヵ月連続で前年同月を上回りました。

 当社グループでは、主たる事業であります中古マンション再生流通事業(リノヴェックスマンション事業)の販売戸数が、競合の激しい首都圏で前年同期並み(前年同期比0.9%減の418戸)であったものの、地方主要都市(5拠点)での市場浸透が進んだことで販売戸数が伸び(同33.0%増の371戸)、全社では前年同期比12.6%増の789戸となりました。その結果、同事業における物件販売の売上高は前年同期に比べ12.4%の増加となりました。不動産小口化商品「アセットシェアリング渋谷青山」の販売や戸建、その他不動産の売却が加わり、当第2四半期における連結売上高は前年同期に比べ17.7%増となりました。

 利益面におきましては、リノヴェックスマンション販売の増加や、その他不動産の売却益が寄与し、販売費及び一般管理費が前年同期比で6.3%増にとどまったことにより、営業利益は前年同期比53.2%増となりました。営業外損益が改善したことで、経常利益は前年同期比で132.1%増と大きく伸張いたしました。

 以上によりまして、当第2四半期における連結業績は、売上高が222億18百万円(前年同期比17.7%増)となり、営業利益が6億82百万円(同53.2%増)、経常利益5億17百万円(同132.1%増)、四半期純利益3億31百万円(同147.0%増)となりました。

 当社グループでは、中古マンション再生流通事業での地方展開をさらに拡大しながら、不動産ソリューション事業などの新規事業を推進し、事業ポートフォリオの多様化を図ってまいります。今後ともご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。