企画 インテリックス ソリューション事業部 髙田 郁

Q1.「入社のきっかけ」をおしえてください。

学生時代は、大学、大学院で建築を専攻し、リノベーション、コンバージョンについて、建築計画、プロジェクトマネジメントの観点から研究していました。建築の意匠も好きだったので、コンペに応募し、2度入選しました。ほとんど建築漬けの学生生活でした。当時から、モノとしてカッコイイだけではなく、運営等のソフト面も含めて、トータルに統合されている建物が良い建築だと感じていました。そのため、建物をハード、ソフトそれぞれ扱うことができるような、企画も設計もできるプロジェクトマネージャーになりたいというのが、将来の目標としてありました。ただ、特に建物の改修、用途変更では、既存建築物の状態によって大きく計画が左右さますので、設計も分からなければ企画は難しいと考えていました。そこで設計を集中して学ぼうと、設計事務所での修行に身を投じました。また、新卒時の採用活動で、リノベーションに特化したディベロッパーを探していましたが、まだ、日本にほとんど無くかったことも理由の一つです。その後、企画に携わりたいと考え、自身が主体的にオーナーシップを発揮し、建築企画をできるポジションを探していました。その際、当社の募集をみつけたのが、入社のきっかけです。

Q2.今の仕事内容について教えてください。

当社の不動産小口化資産商品の「アセットシェアリング」の建築企画、設計業務を担当しています。
現在、3つの一棟リノベーションを同時並行で企画、設計、設計監理しています。
企画後、基本設計すると実現性が低く、また企画のやり直しといった具合に、常にソフト、ハードをいったりきたりしながら、建物の改修の最適解を探し続けます。
例えば、コンバージョンであれば何の用途がよいでしょうか?単に収支計算するだけでなく、工期、予算、品質、遵法性、様々な観点から多面的に検討しなければいけません。また、古い建物であればある程、解決すべき課題が多いです。課題が多ければ、社内だけではなく、社外の行政、構造設計、設備設計、施工会社、テナント、それぞれの理解を得て、場合によっては知恵を出し合い、解決策を生みださなければいけません。
社内、社外含めて、広く合意を得つつ、また知恵を活かし、建物へのソリューションを生み出していくことが仕事です。

Q3.あなたの仕事のポリシーを「数式」で表わすと?

(論理的強さ)×(分かりやすさ)×(意外性) = チームを一つにする
仕事を進める上で、社内であれ社外であれ、まず「なぜ?必要なのか?」納得して、協力してもらわないとすすみません。しかし、説明に手間を要するものでは、協力頂く方のさらにその先の協力頂く方まで、理解されることは難しいと思います。
だからこそ、論理的に破綻なく、分かりやすく。
そして、面白いな!と関心を持って取り組んでもらえるよう、意外性のある企画設計に努めています。

Q4.あなた×「インテリックス」とは?

当社ソリューション事業部では、不動産、IT、建築、金融の各専門に特化した人材が集まり、各分野を統合するインテグレイティッドソリューションを建物に提供しています。建物の課題を解決しようとする時、チームメンバーそれぞれが、前に進む強い意志を持って、互いが互いを理解し、協力する必要があります。大きなプロジェクトになれば、チームでプロジェクトを達成した際の、充実感は他では得難いものです。また、そのような仕事があること、仲間がいる事はかけがえの無いことです。
そして、我々のチームで課題解決を練る際には、進んで既成の枠を飛び越えて越境し、解決策を作り出していきます。解決策が不動産、建築であることに執着することはありません。当事業部のような異分野を横断的に統合する場所からイノベーションが生まれる可能性を感じています。
今後、異分野の融合によって生まれた知恵、知識は、おそらく不動産、建築分野発のイノベーションです。我々のソリューションで社会を驚かせていきたいですね。

Q5.入社して変わったこと、気付いたことは?

入社当初、営業部に所属し、仕入企画業務を行っていました。入社してから半年間、残念ながら全く仕入をすることができず、苦境に立っていました。未経験で不動産知識が全くなかったことは要因の一つですが、社内の合意も得つつ、不動産仲介会社、売主、それぞれの状況を把握し、先方の出方を予想しつつ、交渉を取りまとめる交渉力が無かった事が主な要因だと思います。
インテリックスの営業部は社内の雰囲気が非常に良く、先輩方にご指導頂きながら、交渉力を磨きました。
結果、その後何とか仕入を順調に進める事ができました。
単に、社内の要望を伝えるだけでは、全く前に話が進みませんし、社外の要望を鵜呑みにして社内に持ち帰っても、合意は得れません。
先んじて、結果を予想しつつ、下打ち合わせを重ね、合意の土俵に乗るよう粘り強く対話を続けることが必要です。交渉次第で結果は全く変わってくるという、実感とともに、交渉力を磨けたことは入社後変わったことだと思います。現在の仕事は、より他主体間の調整を必要としており、その際、営業部で学んだ交渉術を存分に活かしています。

Q6.入社を検討している学生のみなさんにメッセージを

よく言われることですが、現代は、複雑化し、かつ変化のスピードが速い時代です。過去の成功が今後も続くとは限りません。 変化の少なかった不動産、建築業界にもいよいよ変化の波が来ています。リスクでもあり、チャンスでもあります。
変化の波にのって、日本の社会資産である建築物を塗り替え、社会にインパクトを与えたい!学生の皆様、応募を心よりお待ちしております。