インテリックスがやってきたことインテリックスが
やってきたこと

20年前からリノベーションマンションをつくってきました

築年数の経過した中古住宅が放置された時代。
今から約20年前。
ほとんど見向きもされない中古住宅に、インテリックスは「価値」を見出しました。

自社のリスクで中古マンションを購入し、高品質なリノベーションを施し、リノベーションマンションをつくってきました。

リノベーションマンションに保証という考えを取り入れました

当時の中古住宅マーケットは、住んだ後に起きた不具合は買った人の自己責任。
新築住宅の保証が常識だった日本では、中古住宅に不安を抱く大きな要因でした。

きちんとリノベーションしているのだから、自信を持って保証を。
インテリックスは、業界に先駆けて、最長10年のアフターサービス保証をはじめました。

リノベーションマンションを「事業」にしてきました

当時の中古住宅マーケットは、新築中心。

当然、住宅ローンも、住宅の資材や設備も中古住宅に合う商品はほとんどありませんでした。

インテリックスは、金融機関やメーカーと1社1社交渉し、中古住宅のこと、将来のマーケットのこと、
なぜリノベーションなのかを説明し、リノベーションの事業環境をつくってきました。

株式を上場しています

2005年4月、インテリックスは、株式上場をしました。
その2年後の2007年5月に東京証券取引所2部に株式上場、
そして2016年6月に東京証券取引所1部に上場いたしました。

株式上場が目的ではありません。

中古住宅ストックを大切に使っていくこと。
その手段として、リノベーションが大きな役割をもつこと。
インテリックスが目指す世の中にするためには、社会的責任も背負わなければなりません。

インテリックスは上場会社として責任をもって、「ストック型社会の価値を」世の中に発信していく存在でありたいと思っています。

リノベーションの業界団体の立ち上げに参画しました

リノベーションという言葉が世に浸透してくる一方、きちんとした「リノベーションの基準」はありませんでした。

インテリックスでは、業界の有志の方々と一緒にリノベーションの基準を定め、優良なリノベーション住宅を普及することで、
既存住宅の流通活性化を行うことを目的に「リノベーション住宅推進協議会」を立ち上げました。

当社代表:山本が初代会長を務め、今もリノベーションも正しい普及・啓蒙に注力しています。

2009年の発足時には、100社ちょっとだった会員も今では1000社に迫る勢いです。
ライバルでもあり、仲間である会員の方々と団結し、今までも、これからも日本のすまいを、くらしを変えていきます。

リノベーションのその先へ

リノベーションを軸に事業を展開してきた当社グループは、業界トップクラスのリノベーション実績を積み上げる中で、

物件の目利き力など、他社にはない強みを培ってきました。

この強みを活かし、アセットシェアリング事業やリースバック事業などの不動産ソリューション事業分野にもビジネス領域を拡大。

2019年からITを活用したクラウドファンディング事業をスタートし、

不動産に関するトータルソリューション企業へと変革を続けています。

>インテリックスについて

>沿革はこちら