住宅の優遇税制・制度

住宅を取得する際には、様々な優遇税制・制度があります。
ここでは、主な住宅関連の優遇税制・そのほか優遇制度をご紹介します。

主な住宅関連 優遇税制・制度

住宅ローン控除について

ローン残高の1%が、所得税と住民税から、控除 期間10年、最大400万円まで控除される住宅ローン控除。
期限は、平成31年6月入居までです。
→詳しくはコチラ

贈与税の軽減

住宅の購入や改修にかかわる費用について、親や祖父母からの贈与をうける場合には、最大1,200万円。
来年以降は非課税枠が縮小していきます。

不動産取得税の軽減

住宅を購入した際に課税される税金。
床面積50m2以上(共用面積の持分面積を含む)、築25年以内などの一定要件を満たせば軽減されます。
一般住宅の場合は、最大1.200万円控除されます

登録免許税の軽減

所有権や抵当権を法務局で登記する時にかかる税金。
登記簿上の床面積50m2以上、築25年以内などの一定条件を満たせば、所有権移転登記が0.3%、所有権保存登記が0.1%に税率が引き下げられます。

具体的なご相談は、インテリックス住宅販売スタッフにお気軽にお問合せください。

学ぶ・調べるTOPに戻る

住宅ローン控除について

リノベーション事例を見る
相談会に行く
物件を探す

関連コンテンツ