リノベーションとは?(リノベーションとリフォームの違い)

豊富な物件数とバリエーション、都心や駅近といった好立地に立つなど・・たくさんのメリットがある中古マンション。
しかし、これまでは、経年により劣化した内装や設備、時代に合わなくなった間取り等のマイナスイメージで、住まいの選択肢からはずしていた方も多かったのです。最近では、リノベーションの認知が進み、新築マンションではなく、あえて「中古マンションを買ってリノベーションする」、もしくは「リノベーションマンションを買う」という選択をされる方が増えています。
古さなどのマイナス要素を払拭することで、中古マンションが持つメリットを活かし、自分のライフスタイルに合った理想の住まいに生まれ変わらせる手法「リノベーション」。についてご紹介します。

リフォームとリノベーションってどう違うの?

一般的には、設備の交換、壁紙の張替えなどの部分的な修繕をリフォームといいます。
それに対しリノベーションは、時代や居住者のライフスタイルから住まい全体を考え(見直し)、場合によっては、表面的な内装・設備交換ではなく、一度全ての内装を取り払い、間取りの変更から給排水管の交換、断熱工事といった居住性能や機能性をアップさせることを言います。
ただ、こうした工事の範囲だけでは、リフォームとリノベーションの明確な区分けができないことから、一般社団法人リノベーション住宅推進協議会では、安心のリノベーション住宅の明確な基準を設け、その基準に適合したものを [適合リノベーション住宅]として定めました。[適合リノベーション住宅]はきちんと現状把握の検査を行った上で、必要な改修工事を行い、工事に対するアフターサービス保証と住宅履歴図書のお渡しまで、その一貫したフローを統一規格とし、安心のリノベーション住宅としています。
当社のリノベーションはすべて、適合リノベーション住宅『R1住宅』に適合しています。

リノベーションのメリット

メリット1 手頃な価格で住宅の取得ができる

リノベーションの素材となる中古マンションは、新築に比べて価格も手頃です。
リノベーション済みマンションを購入する場合でも、中古マンションを購入してリノベーションする場合でも、全体のコストを抑えることができます。
その分、自分の趣味やレジャーにあてれば、暮らしの豊かさにもつながります。

メリット2 現代のライフスタイルにあった空間が手に入る

経年によって古くなった内装、設備や間取りを、リノベーションによって再生させることができますから、中古マンションでありながら、現代のライフスタイルにあった住まいに生まれ変わらせることができるのです。

メリット3 エコにつながる

これまでのように古い建物を壊して建て替えることの繰返しでは、産業廃棄物が大量に発生してしまいます。
リノベーションなら躯体を活かして再生させるので廃棄物の量も抑えられる、地球環境にとても優しい手法なのです。

リノベーションの注意点

マンションリノベーションの場合、注意しなければいけないポイントは、好きな内装がすべてできるとは限らないという点です。中古マンションは一つ一つ構造や寸法、そして管理規約の中で定められている工事への制約内容も異なります。したがって、構造によっては壁が壊せない、電気の容量があげられない、水周りの移動が大きく出来ないなど、さまざまな制限がある場合があるのです。中古マンションを購入してリノベーションをしたい方は特に、中古マンション選びの際、自分のやりたいリノベーションがその物件でかなえることができるかどうかを確認する必要があります。気に入った中古マンションが見つかったら、下見の際にリノベーションの知識のある担当者に同行してもらい、物件状況を確認してもらいましょう。

学ぶ・調べるTOPに戻る

リノベーションマンションとは

リノベーション事例を見る
相談会に行く
物件を探す

関連コンテンツ