買い替えについて

買い替えは資金計画とタイミング

マンションの買い替えは、売り買いのタイミングが資金計画に大きな影響を与えます。
マンション売却と、マンション購入が同時に成立することが最もスムーズな買い替えですが、よほどの幸運に恵まれないと、同時に成立することはありません。

通常は売却代金を購入マンションの資金に充当するので、売却が先(=売り先行)か、購入が先(=買い先行)かが大きな悩みどころになります。

まずは、「売り先行」か「買い先行」かの決断が必要になります。

売り先行:お手持ちのマンションの売却を先に行います

メリット 新しく購入可能な価格が、ある程度明確なので資金計画がたてやすい
デメリット 引越しまでに希望のマンションが見つからない場合、仮住まいが必要になり、費用がかかる。2度の引越し。

買い先行:新しいマンションの購入から先に行います

メリット 引越しは一度だけ。希望の部屋をじっくり探せる。
デメリット
  • 新居取得日までに売れなかったら、新旧住居の2重のローンが発生。
  • 新居取得日までに売却しなければならないため、希望の価格で売却できない可能性も。

リスクが少ないのは売り先行の買い替えになります。

売り先行の場合は、物件購入資金に充てられる金額が確定してから新しい物件を入手することになります。
ただし、一旦マンションを手放してしまうので、マンション購入の期限をしっかり決めておかないといつまでも仮住まいの家賃を払い続けることになります。

買い先行の場合は、物件購入までは今までの生活となんら変わらない生活を送ることができます。
「何時までに購入」というリミットがないので、納得いくまで物件を選べるメリットがありますが、納得のいく物件と出会った瞬間に、一気に買い換え手続きをしなければなりません。
一番のリスクはおおよその金額で新しい物件を入手しなければならないことです。
自分の思いどおりの価格または、査定どおりにマンションが売却できると思い込むと非常に危険です。希望通りの物件を見つけて買い急ぐような、安易な資金計画は禁物です。

買取り保証サービス

「買いたい物件が見つかったが、所有物件が売れない。売れなかったらどうしよう」
そんな時に、一定期間、まずは仲介にて販売し、ご売却が成立しない場合は、事前にお約束した「買取保証金額」で買取りいたします。

また、買い替えの場合は、売り買いのタイムラグを極力避けるため、売却、購入を同じ仲介業者に依頼することをお勧めします。
諸手続きも一本化できるため、お客様の負担も軽減することができます。
私たちインテリックス住宅販売は、お客様にあわせた様々な売却サービスをご提案をさせていただきますので、ぜひお気軽にお問合せください。

売却に関するお電話でのお問い合わせは

0120-66-3705

学ぶ・調べるTOPに戻る

不動産の媒介