生活資金 普通の暮らし

お客様事例

リースバックを活用し多額の医療費を確保できた事例

健康診断がきっかけで大きな病気が見つかりました。保険適用外の病気だったため、医療費がかさみ約1000万円にも上ることが判明。妻子を抱え、将来の生活資金を確保するためにリースバックの利用を決断しました。家を売ったお金を治療費と家賃に充てることで、ようやく一安心。普段どおりの暮らしが続く有り難みを感じています。

忍び寄る病魔に幸福な暮らしが一転。

40代になってから念願の第一子を授かりました。かねてから子どもをほしがっていた妻との間に生まれたのは玉のように可愛い男の子で、誕生した瞬間とても感動したことをおぼえています。建築関係の仕事は順調で、子どももすくすくと育ち、このまま家族ともども仲良く暮らしていけると思っていた矢先の出来事でした。「いつもの通り、異常なしだろう」と高をくくって受診した健康診断がきっかけで発見された聞き慣れない名前の病気。治すためには、健康保険適用外の治療を施す必要があると医師から説明を受けました。難病のため医療費がかさみ、入院やリハビリなども含め治療費約1000万円にも上ることが判明。目の前が真っ暗になりました。

治療費完済、家賃前払いでふたたび取り戻した平穏。

生まれたばかりの子どもを抱え、今後どう生活していこうかと途方に暮れました。そんなとき、インターネットで知ったのがインテリックスのリースバック、安住売却<あんばい>。自宅を手放すことに躊躇がなかったわけではありません。しかし、それ以上に「これから」暮らしていくために土台となる生活資金が確保できるという安心が大きかったんです。ですので、迷いながらも5年後に満期になる投資信託の償還代金で買い戻すことを視野にサービスの利用を決めました。そして家を売ったお金を治療費に充て、ゆとりを持って家賃を支払えるだけの資金を確保しました。これまでと変わらない、普通の暮らしが続いていくこと。その有難みを今しみじみと感じています。

ここがポイント!! わたしのリースバック活用法!!

リースバックを活用し借金を一括返済して私生活を取り戻した事例

リースバックを利用して、借金を整理し会社の倒産を防いだ事例

リースバックをご検討の方

お問い合わせ(無料)

資料請求はこちら

TEL. 0120-217-217

受付時間 9:00~18:00 定休日 日曜・祝日

無料資料請求

電話相談

トップへ戻る