お役立ちコンテンツ

リバースモーゲージと不動産担保ローンとの比較・違い

リバースモーゲージの概要

リバースモーゲージは、ご自宅等の資産を、金融機関等に担保として提供します。お客様のご資産の状況に応じて、金融機関等は「融資上限額」を設定します。 お客様は、ご自宅をご利用の間は「融資上限枠」を上限として、定期的に、もしくは随時に、金融機関等から融資を受けることができます。一般的には、ご所有者様が逝去された後、土地建物を売却して一括返済に充てる形となります。

不動産担保ローンの概要

不動産担保ローンは、ご自宅等の不動産資産を担保とし、金融機関等から一括で融資を受け、その後月々元本+利息分を返済していくサービスです。返済が滞る等、返済が難しい状況となった場合には、担保としている不動産を金融機関等が売却し、ローンの返済に充てられます。

次に、もう少し具体的に、両者を比較していきます。

リバースモーゲージと不動産担保ローンの共通点と相違点

「不動産担保ローン」と「リバースモーゲージ」は、ご自宅等の不動産資産を担保として融資を受けること、ご自宅の所有権はお客様のままであり移転しないという点に於いて共通しております。

異なる点は、「不動産担保ローン」は一般的に一括で融資を受ける形となりますが、「リバースモーゲージ」は融資上限が設定され、その上限まで徐々に融資を受けていくという形となる点です。 また、「不動産担保ローン」は「リバースモーゲージ」と比較して適用可能性が広いケースが一般的です。

最終的に売却するか、否かが異なる

リバースモーゲージは、お借入期間中は元金の返済は不要であることが特徴の一つです。将来、ご自宅を所有されている方が亡くなられた後、担保としていた土地・建物を売却した現金で返済する形になります。(ローンを返済して、土地建物を抵当から外すことも、可能です。)従いまして、対象となる土地・建物を最終的には手放す形になることが問題とならない方に好まれるサービス内容になっています。一方で、不動産担保ローンは、月々にローンを返済し、最終的には返済を終えることが一般的です。ですので、お住いのご自宅が代々ゆとりの地である等の理由があり、将来は相続人様へと継いでいくことをお考えの方にメリットがありそうです。
※1 弊社独自の見解に基づき作成しております。詳細条件は各サービス提供会社にお問合せください。

リースバックと任意売却との比較・違い

この記事を見た人は
こんな記事もみています。

リースバックをご検討の方

お問い合せ(無料)

資料請求はこちら

0120-217-217

受付時間 9:00~18:00